「九条の会」奈良

文学講演会「『蟹工船』小林多喜二と志賀直哉の交流を探る」

演者島村 輝(フェリス女学院大学文学部教授)

開催日時2010年10月30日(土) 午後2時より

(資料代 1000円)

場所日本聖公会奈良基督教会シオンホール

~奈良市登大路町45

(特別プログラム)

木管六重奏  カレイドセステット(若手女性演奏家グループ)

*同日午前10時30分より志賀直哉邸見学会も企画



1931年11月初旬、小林多喜二は奈良市上高畑の志賀直哉を訪ねました。小林多喜二と志賀直哉には、どのような交流があったのか、奈良に住む我々は非常に深い関心を抱く次第です。この度、79年前の出来事を探るべく、上記の講演会&演奏を企画しております。是非ご参加ください。(志賀直哉画像:白樺文学館HPより。周剣石 筆)

主催
島村輝講演「『蟹工船』小林多喜二と志賀直哉の交流を探る」開催実行委員会
発起人日本民主主義文学会 奈良支部
田部頼人 辻本ひで子 草薙秀一 行正真生子 御影暢雄
連絡先神崎晶二奈良県生駒郡三郷町夕陽ヶ丘1-8
TEL&FAX 0745-73-8834
メール shoujikanzaki@hotmail.co.jp
[PR]

by 9jo-nara | 2010-08-17 11:09
<< 大和高田市「九条の会」が5周年... 「憲法9条の風を吹かそう 講演... >>