「九条の会」奈良

被爆70周年第26回般若寺平和の塔のつどいが行われました

昨日、被爆70周年第26回般若寺平和の塔のつどいが行われました。被曝者の方をはじめ50名近くの参列者がつどう中、般若寺住職の工藤良任師による「平和の塔」の由来、地元代表挨拶、被曝者の紹介と山崎隆さんの被爆体験、チェロ演奏が行われました。平和への誓い(1.NPT核不拡散再検討会議参加報告(民医連、中迫さん)、2.原水爆禁止世界大会青年学生代表団挨拶(白川史恵さん))の後、全員で平和を誓って打鐘を行いました。最後に、井ノ尾寛利奈労連議長から、被曝者救援、核廃絶、安保法制廃案の力強い閉会のあいさつがありました。
[PR]

by 9jo-nara | 2015-08-02 16:06
<< 香芝九条の会が賛同者へのアピー... 戦争法ストップ香芝共同センター... >>