「九条の会」奈良

奈良弁護士会主催した「安保法制の廃案をめざす」集会・パレードに2500名

安全保障関連法案に反対する市民集会が22日、奈良市の奈良公園で開かれた。奈良弁護士会が主催し、約2500人(主催者発表)が集まった。その後、市内の2・8キロをデモ行進した。

 「弁護士会は多様な考えの者が集まり、支持政党もバラバラ。それでも集会が実現したのは法案が憲法に違反するものだから。立憲主義、平和主義、国民主権、個人の尊厳などが否定されるという危機感があった」。切り出したのは、奈良弁護士会の児玉修一会長(42)。「いま声をあげないと自由に発言できない社会が来る危機感もある。戦争のない社会、他国に行って他国の人を殺さないで済む社会を守ろう」と呼びかけた。「朝日」8/23

 共催した日本弁護士連合会の藤本卓司副会長(57)は「集団的自衛権を認める法案は、これまで政府が積み重ねてきた憲法解釈がなかったかのような内容だ。見過ごすわけにはいかない」と訴えた。


d0108399_7505945.jpg


d0108399_7512259.jpg


d0108399_7514985.jpg

[PR]

by 9jo-nara | 2015-08-23 07:51
<< i生駒市中心の日程ー私たちは、... 奈良弁護士会主催の「安保法制」... >>