「九条の会」奈良

戦争法廃止の政府つろう奈良県民集会に1000名

「憲法9条守れ!奈良県共同センター」と「県民大運動奈良県実行委員会」は6日夕、奈良市近鉄奈良駅前広場で、 「戦争法は今すぐ廃止! 安倍政権は今すぐ退陣! 11・6奈良県民大集会」を開催し約1000人が参加しました。
 主催者を代表して井ノ尾寛利国民大運動奈良県実行委員長が「さまざまな立場や違いを超えて新しい政府をつくるために共に頑張りましょう」と訴えました。
 日本共産党の、いずみ信丈参院選挙区候補が「国民の世論に背いた安倍政権の暴挙にI対し、満身の怒りを込めて抗議します」と連帯のあいさつをしました。
参加者はプラスターやのぼりを手に「戦争したがる総理はいらない!」「集団的自衛権はいらない1」「野党は共闘!」とコールしながらデモ行進を行いましたI。
 初めて集会に参加した香芝市の35歳の女性は「法律が強制的に決まったことは知っていたが、自分たちのことだから困る。戦争はいやで」と話しました。

d0108399_13385871.jpg

[PR]

by 9jo-nara | 2015-11-07 13:39
<< ▼2000万人「戦争法の廃止を... 同志社大学教授 浜のり子講演会 >>