「九条の会」奈良

<   2012年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧


第8回「憲法講座」「全県交流会開催

「九条の会」奈良と奈良県内の「九条の会」で構成された実行委員会は4日、奈良市内で第8回憲法講座・第4回「九条の会」全県交流集会を開き、会場いっぱいの330人が参加しました。 「日本国憲法のいまを考える」と題して講演を行った小森陽一東京大学大学院教授(「九条の会」事務局長)は、橋下徹大阪市長や自民党などが、改憲キャンペーンを強めていると指摘する一方、2004年に立ち上げ全国に広がった「九条の会」が草の棍から世論を変え、当時の改憲策動を押し返した経緯を振り返り、「今こそ『九条の会』の出番」と訴えました。 「3・11以降、憲法に基づいて日本の現状がどうなっているか問い直す必要がある」と述べた小森氏は、居住や職業選択の自由、幸福追求権がはく奪されている実態を厳しく批判。「今こそ九条を持つ憲法を掲げ、対話しましょう」と力強く呼びかけました。
 王寺町から参加した女性(55)は、「今の情勢が緊迫していることがよくわかった。今、本当に『九条の会』ががんばらないと。じつとしてはいけない」と話していました。びっしりとメモをして講演を聞いていた男性(54)は、「今日の話を今後の運動の原動力にしたい」と語っていました。
  第2部では四つの分科会に分かれ、原発問題や橋下・「維新の会」について意見交換や経験交流が行われました。
[PR]

by 9jo-nara | 2012-05-08 10:24