「九条の会」奈良

<   2014年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧


第10回憲法講座 渡辺治先生を迎えての講演会へのご協力のお願い

 日頃の憲法をまもり、生かす活動、たへんご苦労様です。さて、安倍政権の改憲をめぐる情勢は緊迫化しています。安倍政権はご承知のように、与党多数の下で、憲法の明文改定に執念をもやすとともに、安倍首相の判断で「集団的自衛権」行使に関する歴代政府の憲法解釈を転換し、自衛隊が世界各地でアメリカと一体になって戦争する国へ大きく踏み出そうとしています。秘密保護法の強行成立、国家安全保障会議の設置、国家安全保障戦略と防衛計画大綱、中期防衛力整備計画の閣議決定、「愛国心」を強要する教育のための教育委員会制度の大改悪などアメリカとともに海外での戦争する国づくりへの道が敷かれつつあります。

  しかし、安倍政権の暴走に反対する取り組みが大きくひろがりつつあります。憲法9条の解釈変更による集団的自衛権行使の容認は暴挙であるとの批判が元内閣法制局長官をはじめ自民党元幹事長、改憲論者からも高まっています。

 私たち九条の会は、特定秘密保護法の廃止を求める取り組みなどによって培われた運動の広がりを踏まえて、集団的自衛権行使による「戦争する国」づくりに反対するさらに大きな運動を盛り上げていく決意です。そこで私たちは、5月6日に九条の会事務局の中心的スタッフとして活躍されている渡辺治先生を招いて第10回憲法講座を行います。私たちは、この憲法講演会を成功させ、さらに秋には県内のあらゆる憲法改悪阻止の運動団体と連携して県民的な共同を広げる取り組みを行いたいと考えています。

 ついては、渡辺治先生を迎えた講演会の成功のためにご貴団体のお協力をいただきますよう心からお願いいたします。

                記

 日時 56日(振替休日)午後1時受付 130分開始 4時終了

講演・質疑応答 特別報告 教育・教科書問題 アピール採択
 講演会終了後JR奈良駅前東広場までパレード

 講師 一橋大学名誉教授 渡辺治さん

 講演テーマ 安倍政権の改憲と日本のゆくえ-改憲を阻む国民的共同をー

 会場   奈良県文化会館小ホール    参加費 800円 (障がい者、学生500円)

 

 お願い
①第10回憲法講座へ貴団体から参加していただきたいこと。
 ②機関紙などでの紹介、チラシの折り込みをしていただきたいこと。 

③貴団体のブログにチラシを貼り付けていただきたいこと。ツイッターやフェースブックにチラシを貼り付けていただき、拡散して下さい。 


[PR]

by 9jo-nara | 2014-03-28 13:05

[小出裕章氏講演会・実施要項]

京都大学原子炉実験所助教・小出裕章氏講演会・実施要項

 

http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=.AU2bS4XyLFgctHH97IHZfx5dsdhNiQzl3TibuRW1Z13P1pWbb0YzOH7CkLLO41XtJd7CRRJ8FO2XjTFYseFNY1mM3hgEtI.M4veUvaiKBAqkhNeZBJK8VtYQuxGtzgB&sig=12rs0hd7o&x=170&y=95

 

Ⅰ、講演会の目的・意義

 

 当初から兵器として開発された原子力は、今まさに、私たちの生活を放射能で汚染し、静かに、そして着実に健康を蝕んでいきます。こうした現実の社会を生き抜き、未来を担う大切な子どもたちを守っていくために、原子力の専門家であり、40年も前から原発に対して、私たちに警告を発し続けてこられた小出裕章さん(京都大学原子炉実験所助教)をお迎えして「小出裕章講演会」開催します。「小出裕章講演会」を通して、新たな広がりを創り、憲法を守り生かし、原発ゼロの社会をつくる世論の喚起をはかる。

 

Ⅱ、小出先生の演題

「原発事故から何を学んだか-未来を担う子どもたちのために-」

 

Ⅲ、日時・会場・参加費

日時 2014年7月20日(日)午後6時半開場 午後7時開演

会場 香芝市ふたかみ文化センター1F市民ホール(定員310名)

講演会協力募金(1口500円)

 

、主催団体・後援団体・協力団体

 

1、主催団体 「香芝九条の会」 

2、後援団体 マスコミ各社にお願いする。

3、協賛団体 「九条の会」県ネットワーク、脱原発奈良議員連盟(予定)

4、協力団体 脱原発をめざす市民団体に要請。

 

Ⅳ、宣伝

 チラシ 香芝市内全戸配布または新聞折り込み。協賛・協力団体会員に配布。

 ポスター A1 2枚 A2 20枚 A3 100枚 

Ⅴ、財政

収入の部

協力募金     300.000円(600口)     

寄付金       40.000円             

計        340.000円

 

 

支出の部

会場費       40、000円(会場費・設備費・人件費)

講師料      100,000円(講師料・交通費)

宣伝費      150,000円

諸費        50,000円            

合計       340.000円

 

Ⅵ、プレ企画

小出裕章氏のビデオを見る会

日時 4月下旬

場所 未定

ビデオ 2011年3月25日インタビュー/56分 「福島原発で何が起こって

    いるのか」
     2012418日インタビュー/63分 「子どもの命を守るには」

   ーいずれも森の映画社作品

*4月12日に確定します。 

 

       


[PR]

by 9jo-nara | 2014-03-28 08:06

香芝九条の会など、7月20日「小出裕章京大原子炉実験所助教」講演会

d0108399_13412161.jpg

[PR]

by 9jo-nara | 2014-03-19 13:41

「憲法改悪許さない」生駒共同センター

d0108399_08523077.jpg

[PR]

by 9jo-nara | 2014-03-19 08:52 | 地域の「会」の活動

生駒市俵口小校区・憲法九条の会主催 第11回平和作品展

d0108399_08505807.jpg

[PR]

by 9jo-nara | 2014-03-19 08:51

「九条の会」三郷主催 「集団的自衛権」西晃弁護士

d0108399_08491827.jpg

[PR]

by 9jo-nara | 2014-03-19 08:49 | 地域の「会」の活動

河合九条の会主催 映画「標的の村」上映会

d0108399_08472161.jpg

[PR]

by 9jo-nara | 2014-03-19 08:47 | 地域の「会」の活動

政治動向に危機感  奈良広陵と香芝の「九条の会」  憲法の値うち考える

d0108399_08260940.jpg
d0108399_08252627.jpg
 奈良広陵九条の会発足7周年のつどいと香芝九条の会憲法セミナーが16日、広陵町笠の町中央公民館で合同で開かれ、日本弁護士連合会悪法委員会副委員長で「一人一票実現国民会議」事務局長の伊藤裏弁護士が講演した。

 

 奈良広陵九条の会事務局の下村敏之さんは、開会あいさつで、憲法改正や集団的白衛権の行使を認める政治の動きに危機感を示し「二度と戦争を起こさないようにすることが私たちの責任」と述べた。

 

 伊藤弁護士は「日本国憲法の値うち-憲法を変えて日本はどうなる」をテーマに講演。憲法は平和や人権を守るため、国家に制限をかける法として存在するが、白民党の改憲草案は新たに10の義務を国民に課す内容で「憲法が国民を支配する道具に変質している」と指摘。「憲法を使いこなす力をつけ、今を生きる者としての責任を果たして」と語った。

以上 奈良新聞3/17付

 

 追加

 当日、250名超える人が参加しました。講演会の閉会あいさつを行った香芝九条の会代表世話人の寺沢達夫弁護士は、

「今日の講演で目からウロコがとれたようによくわかる講演でした。香芝では7月20日の京大原子炉実験所の小出裕章助教を招いて講演会を開きますので、それへもご協力をよろしく」と訴えました。


[PR]

by 9jo-nara | 2014-03-17 08:26

目前の3.16伊藤真弁護士講演会の成功で、安倍首相の改憲策動に反撃を

 3月16日開催まで間近に迫ってきた「憲法の伝道師 伊藤真弁護士講演会」を成功させて、安倍首相の改憲策動への反撃ののろしを上げるために、かくや姫ホール(400名定員)を満員にしましょう。参加協力券の普及目標、広陵町が400枚、香芝市が200枚、周辺地域100枚となっています。それぞれのがんばりでかなりのところまできています。

  講演会に参加して安倍首相の改憲策動の意図や手法、憲法を守り、生かす運動の課題と展望を学習して、これまでにもまして「九条の会」の運動を前進させましょう。
この講演会を成功させることは、香芝市と広陵町の「九条の会」の当面のもっも重要な共同の課題です。
d0108399_17521229.jpg


[PR]

by 9jo-nara | 2014-03-13 08:37

原発ゼロも訴えた3月「九の日宣伝」

d0108399_08091925.jpg
d0108399_08084304.jpg


 東日本大震災、福島第1原発事故から3年、この日は全国各地で東日本大震災、福島原発事故からの復興を被災者支援、原発ゼロ、再稼働反対の集会やデモが行われている中で、3月「九の日宣伝」を、エコールマミで、香芝と広陵の「九条の会」が合同して行いました。


 この宣伝署名行動には、18名が参加して、約40分間で、チラシ230枚を配布、秘密保護法廃止を求める署名12筆をしてもらいました。

 宣伝物は、3月16日(日)午後1時から行われる「憲法の伝道師・伊藤真弁護士講演会」のポスターを貼りめぐらし、チラシを配布しました。


[PR]

by 9jo-nara | 2014-03-10 08:09 | 地域の「会」の活動