「九条の会」奈良

<   2015年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧


日本人人質事件「政府の対応検証を」西谷さんか講演

 シリアなど紛争地で取材を続けるジャーナリストの西谷文和さんによる講演会が29日、県文化会館で140名が参加して開かれました。小さな九条の会、宗教者九条の会などが主催したもの。



d0108399_7541684.jpg


d0108399_945293.jpg


<感想>
昨日、西谷文和さんの「武力の応酬にに走らないためにー後藤健二さんの犠牲からみ
えてくるものー」が県文化会館でありました。
西谷さんは、大手マスメディア上層部が権力や財界に媚びて、真実をを報道しない一
端を語られていました(広告収入、視聴率)。
もちろん、必死で頑張っている人たちもたくさんいることも紹介されました。

私もIWJの会員になって間もないのですが、商業メディアの伝えない貴重な情報が満
載されていて、感心しています。


生駒 溝川さん
[PR]

by 9jo-nara | 2015-03-30 07:59

葛城市で西谷講演会80名参加

 葛城「九条の会」が主催したフリージャーナリスト西谷文和氏の講演会が、3月26日午後葛城市當麻文化会館で開催され80名が参加しました。
 西谷氏は、「後藤健二さんは救うことができた」との立場をとり、それを検証するためイラク・シリア国境に取材に入り、一昨日帰国され、早速葛城市に来られました。講演は、話と動画を駆使して、「イスラム国」がどうして生まれたのか、中東の歴史、湾岸戦争以降のアメリカがイラク侵略の経過をたどりながら分析。また、後藤健二さんが殺害されたことを利用した「人質救出」のための自衛隊の海外派兵を可能にする改憲策動にもふれた話をされました。


d0108399_7162391.jpg

[PR]

by 9jo-nara | 2015-03-27 07:16

フリージャーナリスト西谷文和氏招き緊急講演会

開催が迫ってきました。西谷さんは、現在中東から帰国の途についているでしょう。後藤さんを本当に救えなかったのか、その検証のためのトルコ・シリア訪問のようです。最近の状況が報告されます。またとない機会です。参加をよびかけます。

d0108399_10163768.jpg

[PR]

by 9jo-nara | 2015-03-24 10:17

香芝九条の会が「会報」NO47を発行

d0108399_1045280.jpg


d0108399_10454182.jpg

[PR]

by 9jo-nara | 2015-03-19 10:44 | 地域の「会」の活動

香芝市で「春の憲法9条学習会」会場満席

d0108399_10344655.jpg
 香芝九条の会は3月8日午後、香芝市中央公民館で「春の憲法9条学習会」を開催しました。会場が一杯の90名が参加しました。
 寺沢達夫弁護士・代表世話人が開会挨拶。名波大樹弁護士(北大阪総合法律事務所)が、「集団的自衛権行使」と安保法制」と題して講演しました。名波弁護士は、自民党の「憲法改正草案」と現行憲法を比較しながら講演、さらにその上にたって、集団的自衛権を認める閣議決定が、立憲主義を真っ向から反すると指摘。そして有事法制である武力攻撃事態法、自衛隊法改正、海外派兵恒久法は「自衛隊だけが戦争をする法制:ではなく「国あげて戦争する法制」であると強調されました。
 この講演の後、元自衛官の大嶋伸幸さんか「自衛隊員の命を守って憲法9条」と題して報告しました。自衛隊入隊時の厳しい教育訓練の体験や、後方支援にあたる施設隊の経験を話されました。そして安倍政権がすすめる「集団的自衛権行使容認」が海外で戦争を可能にすることだと知り、自衛隊員は「日本の国を守る」と宣誓したのであって他国を海外で戦争をするとは考えていない。「隊員の命を守るためにも憲法9条が大切だ」と話を締めくくりました。

d0108399_10351719.jpg
d0108399_10361775.jpg
d0108399_1037035.jpg

[PR]

by 9jo-nara | 2015-03-09 10:37

西谷文和講演会(葛城市)

d0108399_100171.jpg

[PR]

by 9jo-nara | 2015-03-09 10:00